ホーム > ニットソーイングとは

  • お申込み(体験)
  • ニットソーイングクラブ 会員ファッションショー 作品発表
  • 洋裁のプロを目指す方へ プロソーイング教室
  • オーダーメイドのご案内
  • (株)サトーサンプリングルームのご紹介
  • フェイスブックページ

ニットソーイングとは

「ニットソーイング」とは、販売店や雑誌などでは「カット&ソー」と呼ばれています。
では、カット&ソーって何でしょうか。ニット(編み物)の服の仲間です。

ニット(セーター)も「カット&ソー」も作りが一緒なので、デザインや販売をする時には
セーターと同じ扱いになります。そこでセーターと区分けをする為に考えたのが
「カット&ソー」という名称です。

でも私たちは「縫って楽しむ」クラブなので、縫う立場から見た特徴を考えて
「ニット(生地を扱う)ソーイング」と名づけました。

ニットソーイング(カット&ソー)とは

ニットソーイング(カット&ソー)について、詳しく知りたい方は

ニットソーイングとは、一般に言うところの「カット&ソー」のことです。 ニット(セーター)も「カット&ソー」も素材の特徴が一緒なので、型紙の考え方は同じです。
そこで、デザインはセーターの会社が行っていました。
また、冬はセーター、夏はTシャツ、というのも会社として1年営業するのにちょうど良かったのです。
しかし、セーターの工場とカット&ソーの工場は機械がまるっきり違います。
セーターは1本の糸を形に編み上げるのでまず、カット(裁断)をしません。つなげるのも編み目を拾って行く「リンキング」という方法で、ソー(縫製)もしません。
区分けをする為にデザイナーが考えたのが「カット&ソー」という名称です。

ニットソーイング(カット&ソー)についてを閉じる

ニットソーイングクラブが出来るまで

ニットソーイングクラブが出来るまでについて、詳しく知りたい方は

クラブを始めるちょっと前、ホームソーイングの世界では「ニット素材は扱いが難しい」縫いにくい、というのが常識でした。
でも考えてみてください。街中で売っているTシャツはブラウスより安いですよね。
何故でしょう。
Tシャツ(カット&ソー)はブラウス(布帛)より縫い工程が少なく、出来上がるまで短時間ですむのです。でも、ニット素材は布帛(織物の生地)と違って伸びてしまいます。
今までと同じには縫えない。それでホームソーイングの世界では「難しい」ことになっていました。
ニットソーイングクラブの母体は縫製工場です。それもTシャツからスキーウエアまでオールアイテムを縫う工場です。だから、Tシャツの縫い方も、それが簡単なことも知っています。
これをホームソーイングに応用できないか。
それで生まれたのが「ニットソーイングクラブ」なのです。
縫製工場から見た特徴を取って「ニット(生地を扱う)ソーイング」と名づけました。

ニットソーイングクラブが出来るまでについてを閉じる

ロックミシンの話

ロックミシンについて、詳しく知りたい方は

ロックミシンは、Tシャツを縫う為に出来ました。アメリカの軍隊が支給する肌着(=Tシャツ)を縫う機械です。このミシンの一番の特徴は「環状縫い」という縫い方です。
編みながら縫いますので、ニット素材の伸び縮みにも対応できます。
もうひとつの特徴は「切りながら縫う」ことです。縫い代が細くなるので、素肌に当たる感触がやわらかくなります。
でも、やっぱり欠点もあります。 「環状縫い」は返し縫いが出来ません。(ほつれてしまいます。)「切りながら縫う」ので、待ち針も使えないし、間違えると切った分小さくなってしまいます。
(さすが待ち針とか縫い直しを考えない既製服用の機械です。)
「返し縫い」が出来ないことは、他のミシンでフォローします。
待ち針は洗濯バサミで代用。縫い直しよりデザイン変更。
クラブは、ホームソーイング用にちょっとだけアレンジしています。

ロックミシンの話を閉じる

生地の話

生地について、詳しく知りたい方は

「ニット」生地は伸びる、本当でしょうか? 伸びるとして、どの位伸びるのでしょうか。
ニット生地の伸縮性を「テンション」と呼んでいます。(完全な和製英語です。)
その「テンション」は編み方の種類、ゲージ、素材によって変わってきます。
一般的なニット素材の編み方です。編み方の種類は棒針編みと似ています。

編み方の種類

【丸編】

一般的なニット素材の編み方です。編み方の種類は棒針編みと似ています。
大きく分けて3種類

  • 天竺・・・メリヤス編みとも呼ばれる基本の編み方です。表と裏の表情が違います。「テンション」は小~中
  • フライス・・・ゴム編みの仲間。表と裏の表情が一緒です。「テンション」は大
  • スムス・・・2重編みとも呼ばれる編み方。「テンション」は小~中
【縦編】

カット&ソーの中で5%~10%くらい扱われています。種類は2種

  • トリコット・・・女性のランジェリーに使われることが多い。表と裏の表情が違う。「テンション」は小
  • ラッセル・・・ レースのカーテンなどに使われることが多い。「テンション」は無い

ゲージ、またはセットの状態

同じ寸法の中に編み目がどの位あるか、というのがゲージ。編み糸の太さによっても変化しますが、同じ太さの場合、ゲージが荒い(編み目の数が少ない)方が「テンション」は大きくなります。
「セット」とは地直しのこと。現状アパレルで扱う99%の素材はセット済みで工場に送られます。
この「セット」をしっかり固めに行うと「テンション」は小さくなります。

素材

綿、毛、ポリエステル等素材にもいろいろありますが、素材単体で伸びるものがいくつかあります。
ポリウレタン、ポリエステルソロがそれです。
ポリウレタンは、合成ゴムのこと。これが入っている糸で織ったり編んだりすると、とてもよく伸びる生地になります。
ポリエステルソロは比較的新しい素材。ポリウレタンほどではありませんが、伸びる素材です。その上ポリウレタンと違って染色が利くので扱いやすいです。
上記3つの組み合わせ、また後加工等により、「テンション」はどんどん変化します。
まるっきり伸びない「ニット」生地も存在しているわけです。
また、「ニット」素材は丸まって扱いづらい、という話もあります。編み方の種類の中で丸まるのは「天竺」だけです。他の編み方では布端が丸まるという事はありません。

生地の話を閉じる

入会をご検討されている方へ

初心者の方でも、60分で1着縫い上げられます!

ニットソーイングクラブ体験のお申込み